ブライトリングの新作「スーパー クロノマット」が胸アツすぎる。注目点はココ!

ブライトリングの新作「スーパー クロノマット」が胸アツすぎる。注目点はココ!ブライトリングの新作「スーパー クロノマット」が胸アツすぎる。注目点はココ!

ブライトリングの新作「スーパー クロノマット」が胸アツすぎる。注目点はココ!

ブライトリングの新作「スーパー クロノマット」が胸アツすぎる。注目点はココ! ブライトリングの2回目は「スーパー クロノマット」。その名のとおりに「クロノマット」の新しいコレクションです。「クロノマット」はイタリア空軍のエアロバティックチーム「フレッチェ・トリコローリ」のために開発されたモデルがオリジナル。1983年に正規採用となり、その翌年のブライトリングの創業100周年である1984年に「クロノマット」と名付けられ市販化されました。ちなみに「クロノマット」=「Chronomat」というのは「Chronograph」(クロノグラフ)と「Mathematics」(数学)を合わせた造語。そもそもは1942年にブライトリングが開発した世界初の回転計算尺付きクロノグラフのために考案された名前で、「クロノマット」はその革新的高機能によりブライトリングの名をよりいっそう世界に広めることとなった。だからそんな名作の名を与えられた新生「クロノマット」は、つまりは1980年代のブライトリングにとっての特別重要な自信作であった、ということです。さて。そんなのは既報のとおり。新型「クロノマット B01 42」は「1980年代のクロノマット」をテーマに1980年代のデザインに原点回帰したのが特徴。ルーローブレスレットや、ライダータブの復活もファンにはうれしいチャームポイント。ケース径を44mmから42mmに小型化したのも注目点でした。