ユニークな外装と美しいグリーン文字盤を組み合わせたラグジュアリースポーツウオッチがデビュー - WATCHNAVI Salon

ユニークな外装と美しいグリーン文字盤を組み合わせたラグジュアリースポーツウオッチがデビュー - WATCHNAVI Salonユニークな外装と美しいグリーン文字盤を組み合わせたラグジュアリースポーツウオッチがデビュー - WATCHNAVI Salon

ユニークな外装と美しいグリーン文字盤を組み合わせたラグジュアリースポーツウオッチがデビュー - WATCHNAVI Salon

ユニークな外装と美しいグリーン文字盤を組み合わせたラグジュアリースポーツウオッチがデビュー | WATCHNAVI Salon ストリームライナー第2弾は、シンプル3針&グリーンフュメ 今年1月、が発表した「」は、同ブランド初の自動巻きフライバッククロノグラフとして世界中で話題をさらった。サブカウンターを設けず、センターに時分針とは別に60秒積算針と60分積算針を同軸搭載するという、ユニークな機構を特徴とし、ケースからブレスレットまで流れるようなラグレスのデザインも見どころだった。その斬新なスタイルをシンプルな3針式にしたのが、最新作「ストリームライナー・センターセコンド」である。 ストリームライナーコレクションの独創的なスタイルは、1920年代から30年代にかけて活躍した高速鉄道にインスパイアされたもの。空力特性を計算した流線形車両をヒントに、上質なステンレススチールを使ったクッション型ケースと繋ぎ目が見えないブレスレットを一体化させ、らしいハイエンドな仕上げを施した。その外観からラグジュアリースポーツウオッチに分類され、実用的な12気圧防水を備えている。 文字盤もこだわりの仕様で、近年のトレンドであるグリーンを得意のグラデーション加工で仕上げた。マトリックス グリーンと名付けられたサンバースト仕上げのフュメダイアルは、光の加減で異なる表情を見せつつ、エレガントな雰囲気に満ちている。ミニマリズムの神髄を知る同社らしく、筆記体のH.MOSER Cie.のみが描かれ、チェッカーフラッグのようなミニッツサークルと夜光付きのインデックスを配置。時分針はスーパールミノバを含むセラミックベースの素材、グロボライトを使ったインサートタイプで、わずかにカーブしている文字盤に合わせたフォルムを形成している。 100%スイス製の「キャリバーHMC 200」を搭載しており、サファイアクリスタル面のシースルーバックからその精緻な作りを確認できる。が設計から開発、製造まで行う同ムーブメントは、系列会社のPrecision Engineering AGによる調速機構のほか、美麗なモーザー ダブルストライプの装飾を施した地板、落ち着いた色合いのゴールドローターをセット。当然ながら機能面も充実したもので、高精度はもちろん、パワーリザーブも長めの約3日間を有する。 H.モーザー「ストリームライナー・センターセコンド」Ref.6200-1200 236万5000円/自動巻き(自社製キャリバーHMC 200)、毎時2万1600振動、約3日間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット、ドーム型サファイアガラス風防。直径40mm、厚さ11.8mm。120m防水   問い合わせ先:エグゼス TEL.03-6274-6120